広告

1日3回以上の「~しなければならない」に注意!

Brain Symmetry®️
この記事は約1分で読めます。

こんにちは
渡辺です。

パニック障害や不安に関係なく

「~しなければならない」と
1日3回以上いっているのなら
注意が必要です!

というのも
「~しなければならない」という言葉の裏には
『自分の行動を選択していない』という意味があるからです。

環境や周囲の状況に流されている
ということなのです。

そこで

「~しなければならない」
という言い方をやめて

「~を選びます」
「~にします」
という言い方にしましょう。

例えば
パニック障害の治療に
呼吸法があります。

「パニック発作が起きるから
呼吸法をしなければならない」

という言い方から

「パニック発作の治療のため
呼吸法をする」

という言い方にチェンジしましょう。

話題は変わりますが
衆議院選挙があるので
候補者の演説を聞く機会があったら

候補者が「~しなければならない」
といったときの表情と

「私は~をします」
「私は~のほうがよい」
といったときの表情を比べてみてください。

「~しなければならない」
といったときの表情の方が

何かに追われているような
苦しそうな表情をしているはずです。

【個人セッション(体験施術)の詳細はこちら】

日本脳機能トレーニングセンター|Brain Symmetry®️
上記の方々が当センターに依頼する目的試験の点数が0~5点、高くても10点の状態から、50点~60点にする。常に何かを忘れてしまう状態から、10回に8回は忘れ物がない状態にする。薬の副作用が強く、服用できなくなってしまった状態から、薬が飲める