広告

見方を変えてみよう!

うつ
この記事は約2分で読めます。

先日、木材をノコギリで
えっさ、ほっさと切って
机の脚を作っていたのですが

長さを1090mmにしようとしたのですが
1089mmになってしまい

「どうして、もっと集中して切らなかったのだろう」
「どうして、ズレたの?」
というように自分を責めてしまいました。


1時間後、
機械の設計や品質管理を
していた経験から、

「そういえば、公差ってあるよね」
「金属を切るとき、長さが
長いと1mmくらいズレるし・・・」
「1090mmに対して1mmのズレって、
問題ないし、むしろキチンと出来てるよね」

「私、よくやった」
という考えに変わりました。

〜参考〜 JIS B 0405 : 1999 長さ寸法に対する許容差によると、 1090mmの場合、粗級で±3mm, 溶接構造物なら極粗級で±6mm

実は、不安やパニックでも同じ

「どうして不安なの?」
「私、だめじゃん」
「もっとしっかりしないと・・・」

自分を責めてしまうことって
よくあると思います。

自分を責めてしまったら、

「他の人だったら、どうなんだろう?」
「私がパニック発作を起こしたら、
周りの人から嫌われると思っているけど、
本当なの?」

と、他の人に聞いたり、
本で調べてみてください。

自分を責めなくても良かった、
自分をほめてあげるべきだよ。

という考えに変わってくるはずです。

自問自答してしまうと
自分を責めて悪循環になりがちなので
注意してくださいね。

 

無料メルマガ

https://xn--0ww764b.jp/lp3/
日本脳機能トレーニングセンター|Brain Symmetry®️
上記の方々が当センターに依頼する目的試験の点数が0~5点、高くても10点の状態から、50点~60点にする。常に何かを忘れてしまう状態から、10回に8回は忘れ物がない状態にする。薬の副作用が強く、服用できなくなってしまった状態から、薬が飲める