広告

VirtualBoxにCentOS8.1のLAMP環境でWordPressをインストール

データベースにログインWEB
この記事は約5分で読めます。

環境

ホスト:WIndows10・・・Macでも操作はほぼ変わりません

ゲスト:CentOS 8.1

VirtualBox:バージョン6.1.4

データベース作成

MariaDBへ接続

mysql -u root -p

パスワードを聞かれますので、設定したデータベースのパスワードを入力します。

データベースにログイン

データベース名を表示

show databases;

データベースが表示されます。

データベース表示

データベース作成

wordpressという名称のデータベースを作成する場合

create database wordpress;

データベース削除

drop database wordpress;

データベースに接続

use wordpress;

接続しているデータベースが切り替わり、プロンプトが「none」から「wordpress」に変わります。

データベース変更

wordpressというデータベースの文字コードを確認

show variables like "chara%";

wordpressというデータベースの文字コードが表示されます。

utf8mb4であることを確認します。

文字コード

MariaDB接続解除

exit;

WordPressをダウンロード

公式サイトからダウンロードします。

公式サイト

「.tar.gzをダウンロード」の場所で、右クリック

「リンクのアドレスをコピー」してください。

今回は、https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gzでした。

右クリック

WordPressを設置するディレクトリに移動します。

CentOSのhttpdのドキュメントルートは「/var/www/html」です。

cd /var/www/

WordPressをCentOSにダウンロードします。

wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

wordpress download

ダウンロードしたWordPressを展開します

tar zxvf latest-ja.tar.gz

ディレクリの中身を表示

ls

確認

ダウンロードしたWordPressを展開したので、「wordpress」というディレクトリが作成されます。

「wordpress」というディレクトリが あることを確認しましょう。

一旦、公開ディレクトリhtmlを削除します

rm -rf html

一度削除

ディレクトリ名を変更します

wordpressというディレクトリ名をhtmlに変更します。

mv wordpress html

キチンと移動できたことを確認しましょう。

ディレクトリの移動コマンドはcdです。

ディレクトリ名を変更

ディレクトリの所有者をapache、所有グループをapacheに変更

ディレクトリをコマンドcd ../でwwwに戻してから、行ってください。

chown -R apache.apache html

ファイルパーミッション変更

ファイルのパーミッションを確認して変更します。

下記の設定が基本です。

.htaccess 606
wp-config.php 600
その他のディレクトリ 705
その他のファイル 604

まずはWordPressのディレクトリを変更して、他のものをあとで変更します。

chmod 705 html

確認します。

パーミッション変更

次に、ディレクトリ、ファイルのパーミッションを変更します。

htmlディレクトリに移動して

現在のディレクトリ配下のディレクトリの権限を一度に変更します。

find . -type d -exec chmod 705 {} +

現在のディレクトリ配下のファイルの権限を一度に変更します。

find . -type f -exec chmod 604 {} +

ls -lコマンドで確認します。

パーミッション変更

念のため、Apacheリスタートしておきます。

systemctl restart httpd

WordPressインストール

ブラウザでサーバーにアクセスします。

VirtualBoxでブリッジアダプターの場合、CentOSで指定したIPアドレスを入力してください。

ネットワーク設定

「設定するIPアドレスが決まったら、IPアドレスを固定化」の部分を参考にしてください。

画面の指示のとおりにすすめましょう

セットアップ

通常、データベース名は wordpress

ユーザー名は root (データベースのユーザー名)

パスワードは aaa (データベースのパスワード)

データベースホストは localhost (初期設定のまま)

テーブルプレフィックスは wp_ (初期設定のまま)

でインストールします。

wordpressインストール

あとは、画面の指示のとおりに進めてください。

お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。と表示されたら

お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。

上図の表示が出た場合、MySQLiがインストールされていません。

MySQLiインストール

dnf -y install php-mysqli

mysqliインストール

Apacheを再起動します。

systemctl restart httpd

wp-config.phpに追記して・・・と表示されたら

ls -lのコマンドでパーミッションと所有者を確認してください。

所有者がApacheであること、パーミッションが書き込み化になっていることを確認修正して、再挑戦してくださいね。

wp-config.phpのパーミッションを600にする

最後にwp-config.phpのパーミッションを600にして終了です。

chmod 600 wp-config.php

パーミッション