広告

CentOS8.1のLAMP環境でphpMyAdminをインストール

CentOS8 phpmyadminMac
この記事は約2分で読めます。

環境

ホスト:WIndows10・・・Macでも操作はほぼ変わりません

ゲスト:CentOS 8.1

VirtualBox:バージョン6.1.4

phpMyAdminの最新版をチェック

phpMyAdminのサイトに行き、ダウンロードのページに行きます。

CentOS8 phpmyadmin

該当するバージョンを探して、右クリック

ダウンロードURLをクリップボードにコピーします。

CentOSでの作業

CentOSのターミナルか、ssh接続で、公開ディレクトリに移動します。

コピペをするので、ssh接続がおすすめです。

cd /var/www/html

phpMyAdminをダウンロード

wget (phpMyAdminのダウンロードURL)

バージョン4.9.5なら、下記のようになります。

wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.9.5/phpMyAdmin-4.9.5-all-languages.tar.gz

ファイル名チェック

ls
ファイル名

ダウンロードしたファイルが表示されていることをチェックします。

解凍

tar zxvf (解凍するファイル名)

ファイル名がphpMyAdmin-4.9.5-all-languages.tar.gzの場合

tar zxvf phpMyAdmin-4.9.5-all-languages.tar.gz

フォルダ名チェック

ls
フォルダ名

フォルダ名変更

使いやすいようにフォルダ名を変更します。

mv phpMyAdmin-4.9.5-all-languages myadmin

確認

ls
確認

phpMyAdmin動作確認

ブラウザで下記のアドレスを表示させ、phpMyAdminが動いているか確認します。

http://IPアドレスなど/myadmin

ログインできれば完了です。