広告

風邪をひいて、休めない時の対策

その他
この記事は約3分で読めます。

風邪をひいたら、寝て休む!

これ基本です。

でもね。フリーランスや経営者、セミナー講師、出張など、どうしても休めない時がありますよね。

どうしても、どうしても休めない時にする対策です。

シラクをする

フランスの元大統領で親日でも知られるジャック・シラク氏じゃないですよ。

刺絡(シラク)です。

簡単にいうと、「鍼を刺して血を出す」治療です。

瘀血(オケツ)という体に停滞している血を抜くことで、巡りを良くする治療法です。

高速道路で車線規制があると、渋滞することがあります。

車線規制を無くせば、渋滞が解消するように、体の巡りを悪くしている場所(瘀血があるところ)を無くするのが刺絡です。

刺絡にも種類があるようです。詳しいことは刺絡に詳しい鍼灸師か医師に聞いてくださいね。

で、風邪の症状によって方法は異なりますが、体が怠いなら副交感神経が過剰になっているから、副交感神経を緩める刺絡にしてもらったり、交感神経が強いなら、交感神経を弱める刺絡にしてもらうと、楽になります。

ただし、痛いです。マジで・・・

でもね。Bスポットの方がもっと痛いんだ。効くけど。

Bスポット

鼻の奥にある上咽頭という場所を、長い綿棒に薬液をつけて、炎症を治す方法がBスポット療法です。

炎症がなければ、痛くありません。

炎症があると、痛いです。しかも、上咽頭のすぐ上に下垂体があるので、脳にもガツンときます。

治療後30分くらいで、スッキリします。

風邪だけじゃなくて、花粉症や副鼻腔炎にも効果があるんだそう。

Bスポットっていう名前・・・何か気にならない?

一説によると、BじゃなくてGにすると・・・

この関係を知ってると、覚えやすいでしょ。

えっ? マジ・・・

あくまでも噂だけどね。

でも、これで忘れないよね。

一生忘れなそう。

最後は薬で波状攻撃

風邪の症状には、お薬も効くので、病院やクリニックでお薬を処方してもらいましょう。

ただ、抗生物質にはご注意を。頻繁に飲んでいると効きが悪くなるそう。

だから、個人的には、漢方がおすすめかな。

体調が悪いからこそ、一箇所で全部が住むクリニックへ

この治療はA病院、この治療はB医院、これはCクリニック・・・

なんて体調が悪いときには無理。

なんと、刺絡、お灸、Bスポット療法、漢方・・・など一箇所でできるクリニックが四谷にあるんだ。

グーグル先生に聞いて(グーグル検索)みてね。

もし、わからないのなら、お問い合わせで、私に聞いてくださいね〜〜〜

この記事は、実際に風邪をひいたとき、どうしても休めない事情があり、私が受けた実際の治療内容です。

症状により治療内容は変更となることが予想されますので、記事を鵜呑みにせず、しっかりと症状を伝えるようにしましょう。