広告

最近、不眠のお問い合わせが増えています。

過去ブログ
この記事は約1分で読めます。

最近、
不眠、寝付けない。
寝た気がしない。
寝てもだるい。

こんなお悩みが多く寄せられています。

実際に、私も不眠で辛かった時期が
あるので分かるのですが、

寝付けなくて、寝なくてはという
プレッシャーまで出てきてしまって
本当に、苦労しました。

今では、全くそんなことはありません。

話しを戻します。

そもそも、人は寝ないと
発狂してしまったり
気分が不安定になったり
良くないことがあります。

人にとって、
睡眠がとても大切だという証拠ですね。

睡眠=とても大事なもの
だから、
寝ないといけない。

そういう図式が頭の中に
ハッキリしていれば、
しているほど、

寝付けないことが、プレッシャーになり
私は不眠になっていました。

どういうことかというと、

寝ないといけない。
とプレッシャーを感じると
緊張してきてきますよね。

緊張すると、
交感神経が優位になってきます。

本来、寝るときは副交感神経を優位に
なるのに、逆に働いてしまい
寝付けない。

というようになるのです。

寝ようとしているのに、
興奮状態にしていたら、
寝られません。

今回お伝えした情報が
参考になれば幸いです。